タイヤをきれいに洗い上げるテクニック!

タイヤをきれいに洗って仕上げる編

 

クルマの愛好家からは「車のお洒落は足元から」と言われます。
クルマのタイヤが黒々と光っていたらその分だけクルマも美しく見える効果があります!

 

 

乾いたウエスを2〜3枚ほど用意してタイヤ専用ワックスで美しく仕上げよう!

 

 

 

逆に、汚れたタイヤは白っぽくなっていることが多いよ。

 

タイヤが汚いとボディが綺麗でも外観的には大きなイメージダウンになりますので、タイヤワックスで黒々と光らせよう!!


 

 

アルミホイールの清掃が完了したら、次はタイヤになります。

 

タイヤワックス (TIRE WAX)

タイヤワックススプレー

 

タイヤワックスは塗りっ放しでいい便利商品がいろいろと発売されていますが、個人的には軽く拭き上げて仕上げるタイプのWAXの方が美しくなるのでおすすめですね。

 

耐久性能としては、スプレータイプよりも塗り込むタイプの方が高い傾向があります。

 

ホイールなどに飛んだ余分なワックスを最後にチェックするきっかけにもなります。

 

美しく仕上げるポイントは乾いたウエスを2枚用意することで、1枚目でタイヤの水分を拭き取ってから軽くワックスを吹きかけ、もう1枚のウエスで拭いて完成という具合ですね。

 

タイヤはサイドウォールから1番外側のトレッドあたりまでをきれいに洗ってやると見栄えがいいですが、深入りするときりがなくなってしまうのもまた事実です。

 

日産エクストレイルのようなSUV車のワイドタイヤなどは洗うのもまた大変で一苦労ですが、きれいになった時は感動モノです。 

 

関連ページ

窓ガラスの洗い方はこちら